【児童書】『宇宙の話をしよう』小野雅裕 作、利根川初美 絵

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宇宙の話をしよう

『宇宙の話をしよう』

著者
小野雅裕 [著]
出版社
SBクリエイティブ
ジャンル
自然科学/天文・地学
ISBN
9784815602666
発売日
2020/11/21
価格
1,650円(税込)

書籍情報:openBD

【児童書】『宇宙の話をしよう』小野雅裕 作、利根川初美 絵

[レビュアー] 産経新聞社

 NASAの技術者である著者が日本の子供たちのために、書き下ろした作品。

 宇宙と恐竜が大好きな女の子「ミーちゃん」とNASAに勤める「パパ」の対話形式で、宇宙探査の歴史がやさしく語られていく。

 SF作家、ジュール・ベルヌが宇宙開発に与えた影響や、「ロケットの父」と呼ばれた3人の技術者の思いに触れ、さらにはロケットと戦争の関わりまで展開していく。父娘のテンポの良い会話で、壮大な歴史が身近に感じられる。(SBクリエイティブ・1500円+税)

産経新聞
2021年2月21日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加