小説には、過去と未来をつなぐ力がある――『ヘーゼルの密書』著者新刊エッセイ 上田早夕里

エッセイ

17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘーゼルの密書

『ヘーゼルの密書』

著者
上田早夕里 [著]
出版社
光文社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784334913823
発売日
2021/01/20
価格
1,980円(税込)

書籍情報:openBD

小説には、過去と未来をつなぐ力がある 上田早夕里

[レビュアー] 上田早夕里(作家)

 八年ほど前から、日本の近代史を題材とした小説を何作も書いてきた。本作『ヘーゼルの密書』もそのひとつで、前の二作(短編と長編)と同じく、租界時代の上海(シャンハイ)を舞台としている。

 太平洋戦争直前、実際に進行しつつも中断を余儀なくされた、「桐(きり)工作」という日中和平工作があった。満州事変以降続いてきた日中間の交戦を停止させるため、厳しい条件下での緊迫した状況で行われた和平工作であったが、様々な要因から頓挫(とんざ)し、日本は中国と対立したまま、太平洋戦争に突入していった。

 この時期の和平工作を扱った先行作品としては、桐工作と同じく途中で頓挫した「小野寺(おのでら)工作」をモデルとした娯楽作品が、日本には複数存在する。が、私は「桐工作」のほうに強い興味があったので、こちらを背景にフィクションを構成した。和平工作の指揮を執(と)っていた今井武夫(いまいたけお)陸軍大佐(最終階級は少将)が、交渉の詳しい記録を残しており、これが、とても読み応えのある文献だったのだ。成功しなかった交渉の記録を調べることに何か意味はあるのか? という問いに対しては「とても大きな意味がある」と回答しておきたい。何があのとき成功を妨げたのか。その答えは、現代社会の問題として、いまでも我々の眼前に横たわったままである。

 あの時代、多いときには十を超える数の和平工作が日中間で同時進行し、大勢の人間が関与したにもかかわらず何ひとつ成功しなかったという事実は、小説として書く価値があると考えた。

 作家が、わざわざ古い時代を選んで作品を書くのは、そこから現代への鋭い示唆(しさ)を読み取れるからである。体制が人を踏み続け、いまなおそうである現代社会において、作品を通して過去と未来をつなぎ、国の違いを超える普遍的な意味を読み取って頂けるなら、この小説を執筆した甲斐がある。

光文社 小説宝石
2021年3月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

光文社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加