【児童書】『いえがあるっていいね』パトリシア・ヘガティ文、ブリッタ・テッケントラップ絵、木坂涼訳

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いえがあるっていいね

『いえがあるっていいね』

著者
パトリシア・ヘガティ [著、イラスト]/ブリッタ・テッケントラップ [イラスト]/木坂涼 [訳]
出版社
ひさかたチャイルド
ジャンル
文学/外国文学小説
ISBN
9784865492286
発売日
2021/01/19
価格
1,650円(税込)

書籍情報:openBD

【児童書】『いえがあるっていいね』パトリシア・ヘガティ文、ブリッタ・テッケントラップ絵、木坂涼訳

[レビュアー] 産経新聞社

 〈ふゆの あいだ ねむっていた くまの おやこが おきてきたよ〉

 洞穴から外に出たこぐまは、森のいろいろな生き物と、それぞれの家を知る。木から木へと走り回るリス、川ではビーバー、地面の下にはうさぎ、そして鳥たちの家も。どんなとき、どんなところにもゆっくり、ゆったり、くつろげる家がある。

 詩情豊かな絵と、さまざまに切り抜かれた穴あきの仕掛けでページをめくるのが楽しい。ステイホームの今こそ、読んで味わいたい。〈いえが あるって いいね〉と。(ひさかたチャイルド・1500円+税)

産経新聞
2021年2月28日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加