ラフカディオ・ハーンと日本の近代 牧野陽子著 新曜社

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラフカディオ・ハーンと日本の近代

『ラフカディオ・ハーンと日本の近代』

著者
牧野 陽子 [著]
出版社
新曜社
ジャンル
文学/文学総記
ISBN
9784788517004
発売日
2020/12/15
価格
3,960円(税込)

書籍情報:openBD

ラフカディオ・ハーンと日本の近代 牧野陽子著 新曜社

[レビュアー] 栩木伸明(アイルランド文学者・早稲田大教授)

 明治中期に来日し、後に帰化して小泉八雲と名乗ったラフカディオ・ハーンは昔話を語り直した短編集『怪談』で知られるが、紀行文やエッセイも数多い。本書は彼の文化論を日本近代の中に位置づけようとする試みである。

 明治初期に来日したイザベラ・バードやB・H・チェンバレンは、文明化とキリスト教を直結させる思考法に慣れすぎていたため、神仏習合と祖先崇拝が結びついた日本の宗教的感性を理解できなかった。チェンバレンは神社の簡素さや神道における理論不在を批判さえした。

 本書の著者によれば、ハーンはその批判に返答するかのようにエッセイ「生神様」を書いた。死後に先祖神となり、丘の上の神社にまつられた霊が、参拝者の声を聞いて昔のことを思い出し、里へ下りていくまでの心模様を、神様の一人称で綴(つづ)った異色作である。

 著者はハーンの英語原文に邦訳を添え、精緻(せいち)な評釈を重ねていく。フランス派比較文学の読解法〈エクスプリカシオン・ド・テクスト〉が冴(さ)えわたっている。ハーンは理論不在という批判にたいして、神道世界をイメージで示すことによって答えたのだ。

 ハーンを精読した柳田国男は、異世界とこの世のつながりが生きている、という認識を受け継いだ。柳宗悦は「朝鮮におけるハーン」になろうとした。柳が李朝白磁や木喰仏(もくじきぶつ)の美を語るときには、ハーンのエッセイ「日本人の微笑」の残響が聞こえる。

 芥川龍之介も同じエッセイに影響を受け、忍耐と自己抑制がこもる微笑を短編「手巾(ハンケチ)」に描いた。さらに「南京の基督」では、「非西欧、近代以前の原初的な心性」を体現した娼婦(しょうふ)の物語に、異国を旅する日本人がハーンのように耳を傾ける。この短編小説では、バードとチェンバレンに端を発した「近代的合理主義では割り切れぬ世界の語り」との出会いが、南京の下町に舞台を移して変奏されていたのである。

読売新聞
2021年2月21日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加