【今週の労務書】恐れのない組織 「心理的安全性」が学習・イノベーション・成長をもたらす エイミー・C・エドモンドソン著

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恐れのない組織

『恐れのない組織』

著者
エイミー・C・エドモンドソン [著]/野津智子 [訳]/村瀬俊朗 [解説]
出版社
英治出版
ジャンル
社会科学/経営
ISBN
9784862762887
発売日
2021/02/03
価格
2,420円(税込)

書籍情報:openBD

【今週の労務書】恐れのない組織 「心理的安全性」が学習・イノベーション・成長をもたらす エイミー・C・エドモンドソン著

[レビュアー] 労働新聞社

チームビルドの要点満載

 「心理的安全性」とはみんなが率直な意見を述べられ、自分らしくいられる文化のことだ。成功するチームビルドにおいて、最も重要な因子であるという研究結果を、2015年に米グーグル社が発表し注目を集めた。それ以来、世界中の企業で導入が進んでいる。

 本書は心理的安全性の提唱者である著者が、20年に渡る研究成果をまとめたもの。最も注目すべきなのは、リスクを考慮せずに率直な意見が言い合える職場は「作る」ことが可能であると強調している点だろう。チームビルドのポイントは、①土台を作る、②参加を求める、③生産的に対応する――の3つとした。これらの実現方法を、ピクサー・アニメーション・スタジオなどの事例を交えながら解説している。

労働新聞
令和3年3月15日第3297号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

労働新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加