西川栄明、坂本茂著「名作椅子の解体新書」

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名作椅子の解体新書

『名作椅子の解体新書』

著者
西川 栄明 [著]/坂本 茂 [著]
出版社
誠文堂新光社
ジャンル
芸術・生活/写真・工芸
ISBN
9784416521045
発売日
2020/12/10
価格
3,520円(税込)

書籍情報:openBD

西川栄明、坂本茂著「名作椅子の解体新書」

[レビュアー] 木内昇(作家)

 背板がY字型に加工されたハンス・J・ウェグナー作Yチェア、「世界一美しいアームを持つ椅子」と評されるフィン・ユールのNo.45、体を包み込むような形のアルネ・ヤコブセン、エッグチェア。椅子好きなら垂涎(すいぜん)ものの名作が並ぶ。

 しかも、木工デザイナーの坂本茂氏が、それらを解体し、修理していく工程が写真とともに解説されているのだから、ページを繰るたび感嘆の声もあがる。

 見た目の美しさのみならず、無垢(むく)材や張り地の特性を把握した上で、耐久性や座り心地を追究しているのは、椅子が人間工学と密接に関わっているからだろう。半世紀以上にもわたり愛されてきた、これら名作椅子と対話するようにして、本来の姿へと甦(よみがえ)らせていく坂本氏の技術にも目を瞠(みは)る。

 椅子ごとの成り立ちが記されている点も興味深い。在宅ワークで腰痛に悩む折も折、なんとも眼福の一書であった。(誠文堂新光社、3200円)

読売新聞
2021年3月7日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加