『ははのれんあい』窪美澄著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ははのれんあい

『ははのれんあい』

著者
窪 美澄 [著]
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784041054918
発売日
2021/01/28
価格
1,870円(税込)

書籍情報:openBD

『ははのれんあい』窪美澄著

[レビュアー] 産経新聞社

 結婚や出産、離婚、死別…。人生の時々で形を変えていく家族の姿を描いた小説だ。

 前半の主人公は初めての子供を妊娠した由紀子。幸せに暮らしていたが、双子の次男と三男を授かったころから夫との関係が壊れていく。後半は由紀子の長男、智晴が語り手。シングルマザーとして家計を担う由紀子に代わり、母親役をこなす一方、再婚した父に対し割り切れない思いがあった。だが、弟や父の再婚相手の子供の思いに触れ、智晴はちょっと複雑な自分の家を肯定できるように。「どんな形でも家族」だという著者の温かいまなざしが心に染みる。(KADOKAWA・1700円+税)

産経新聞
2021年3月14日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加