【児童書】『ほら ぴったり』ナオミ・ジョーンズ文 ジェームズ・ジョーンズ絵、環ROY訳

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほらぴったり

『ほらぴったり』

著者
ナオミ・ジョーンズ [著]/ジェームズ・ジョーンズ [イラスト]/環ROY [訳]
出版社
ブロンズ新社
ジャンル
芸術・生活/絵画・彫刻
ISBN
9784893096821
発売日
2021/01/14
価格
1,540円(税込)

書籍情報:openBD

【児童書】『ほら ぴったり』ナオミ・ジョーンズ文 ジェームズ・ジョーンズ絵、環ROY訳

[レビュアー] 中島高幸

 ■出会いの「春」に…

 主人公の「さんかく」は、「まる」や「しかく」「ろっかく」などいろいろな形の友達と遊ぶのが大好き。だけどときどきなんだか変。まるは全然気にしていないのに、さんかくだけが違うみたい。「みんなのじゃましてる」と感じるさんかく。自分の「ぴったり」はどこ? 同じ形の仲間を探す旅に出る-。

 さんかくが、いろいろな形の友達との交流を通して自分と他者の「おなじ」や「ちがう」について考えていく。ぴったりを探すことで、どちらも大切なことに気付く物語。多様性がテーマの翻訳絵本だ。

 ジェームズ・ジョーンズさんのカラフルで明るい絵に、音楽など幅広く活躍する環(たまき)ROYさんが翻訳したリズミカルな言葉が並び、楽しく読める。

 本作は、文章を担当したナオミ・ジョーンズさんにとって初の絵本といい、保育園で友達を作ろうと頑張る長男をみて制作を決意したという。

 新しい友達と出会う入園や入学の時期にぴったりの絵本だ。(ブロンズ新社・1400円+税)

産経新聞
2021年3月14日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加