【気になる!】文庫『荒野の古本屋』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

荒野の古本屋

『荒野の古本屋』

著者
森岡督行 [著]
出版社
晶文社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784794968456
発売日
2014/03/06
価格
1,650円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】文庫『荒野の古本屋』

[レビュアー] 産経新聞社

 東京・銀座で「一冊の本だけを売る書店」として国内外から注目される「森岡書店」の代表が、同店誕生前夜をつづったエッセー。

 大学卒業後、「就職しないで生きたい」と過ごした「本」と「散歩」の日々、神田神保町の老舗古書店での修業時代、独立後、茅場町での古書店経営のドタバタ…。建造物や暮らし、本など古いものへのこだわりに満ちた著者の生き方は刺激的で、ときに時空を超えた世界にも誘ってくれる。

 古書業界の舞台裏や本をめぐる一期一会のほか、文庫版のまえがき、あとがきで銀座の店の話も紹介。無性に本が恋しくなる。(森岡督行著、小学館文庫・560円+税)

産経新聞
2021年3月14日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加