仮説→検証→予測 物理屋の日常生活

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

物理学者のすごい思考法

『物理学者のすごい思考法』

著者
橋本 幸士 [著]
出版社
集英社インターナショナル
ジャンル
自然科学/物理学
ISBN
9784797680676
発売日
2021/02/05
価格
924円(税込)

書籍情報:openBD

仮説→検証→予測 物理屋の日常生活

[レビュアー] 佐藤健太郎(サイエンスライター)

 筆者はこれまで、多くの優れた研究者と出会ってきたが、やはり数学者と物理学者の能力は別次元と感じる。その思考回路がどうなっているのか、凡人に少しでもわかるよう語ってもらえぬものかとよく思うが、どうも難しいらしい。凡人に彼らの脳内がわからぬように、彼らにも凡人の脳内は想像できない。その差を把握し、間を埋めるようわかりやすく語るのは至難の業だ。

 ところがごく稀に、それを軽妙にやってのける人物が現れる。『物理学者のすごい思考法』の著者・橋本幸士はそうした貴重な能力の持ち主だ。

 本書はタイトルから想像されるようなノウハウ本ではなく、物理学者の日常生活を描いたエッセイ集だ。著者は職業柄、ありとあらゆるものを見ては仮説を立て、検証し、それに沿った予測を行なってしまう。漢字の対称性を見れば重力の影響を感じ取り、スーパーに入れば最も効率的な巡回経路を追求し始める。満員のバスなどに乗った日には、人体を球に近似して乗車人数を推算し、翌日は何分早く乗ればよいかを概算してしまう。そうした小難しい話ばかりではなく、こまめにボケも織り交ぜ、妻から鋭いツッコミを浴びるあたりはさすが大阪人だ。

 文章がこなれている上、一編が四ページ程度なのでスキマ時間にも読みやすい。「物理学者の思考法を身につける!」などとさもしい根性を起こさず、まずはじっくりこの文体を味わってほしい。それだけでも十分な価値がある楽しい一冊だ。

新潮社 週刊新潮
2021年3月25日花見月増大号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加