森田敏隆・写真「日本の美しい町並」

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の美しい町並

『日本の美しい町並』

著者
森田敏隆 [著]
出版社
光村推古書院
ジャンル
芸術・生活/写真・工芸
ISBN
9784838106097
発売日
2021/01/30
価格
2,860円(税込)

書籍情報:openBD

森田敏隆・写真「日本の美しい町並」

[レビュアー] 佐藤信(古代史学者・東京大名誉教授)

 日本の国立公園を世界に発信してきた写真家による、各地の代表的な美しい町並の写真集。日本の町並として、重要伝統的建造物群保存地区などの伝統的な町並を、周辺の風景や季節にも配慮しながら風致の美しさを描き取った写真は、鮮やかで魅力的。

 江戸時代にさかのぼる茅葺(かやぶ)きの農村・山村や宿場町・商家町・城下町など、伝統的町並には、誰しも歴史的な郷愁を覚える。感動の背景には、町並を共同で営み生活してきた幾世代もの住民の矜持(きょうじ)の積み重ねがあるのではないか。

 そうした建物群の面的広がりをまもり、住民が暮らしながら主体的に保存しようという文化財が、伝統的建造物群である。

 やや気になったのは、町並写真がほぼ一枚に限られる点、そして住民があまり登場しない点である。より詳しい解説も欲しいが、海外読者向けの英文解説は、うれしい。

 (光村推古書院、2600円)

読売新聞
2021年3月21日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加