『季語の科学』尾池和夫著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

季語の科学

『季語の科学』

著者
尾池和夫 [著]
出版社
淡交社
ジャンル
文学/日本文学詩歌
ISBN
9784473044587
発売日
2021/02/20
価格
2,090円(税込)

書籍情報:openBD

『季語の科学』尾池和夫著

[レビュアー] 産経新聞社

 「日永(ひなが)」とは春の季語である。春分を過ぎて夜より昼の時間が長くなり、のびやかな気持ちが感じられる。そのときの昼の長さはどの程度なのか。夜が明けることの意味とは何か。季語(約120項目)と人の営みとのかかわりを、京都大学総長を務めた地球科学者が分かりやすく解説する。

 季語は、四季折々の科学的な知が凝縮され、各地の地形や気候、地球と宇宙のつながりを基に成り立っているという。季語を知ることは日本の知の継承ともいえる。テレビ番組でも俳句が身近に感じられる昨今、それぞれの季語を用いた俳句も添えられている。(淡交社・1900円+税)

産経新聞
2021年3月28日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加