チャイナテック 趙イー琳著

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャイナテック

『チャイナテック』

著者
チョウ イーリン [著]
出版社
東洋経済新報社
ジャンル
社会科学/経営
ISBN
9784492503256
発売日
2021/01/22
価格
1,870円(税込)

書籍情報:openBD

チャイナテック 趙イー琳著

[レビュアー] 小川さやか(文化人類学者・立命館大教授)

 手ぶらで店に出かけ、スマホで注文・決済すると、その日のうちに宅配されるニューリテール(小売革命)。サイズ情報を入力したりデザイン等を選択したりすることでオーダーメイドの衣料品や家電が届く「C2M(消費者から製造者へ)」のビジネスモデル。デジタル人民元の開発に、自動運転車が走り、無人スーパーや顔認証で宿泊できるホテルが営業する実験都市の建設まで、中国の目覚ましいデジタル技術開発は、デジタルエコノミーの未来を考えていく上で間違いなく鍵となる。

 本書は、中国のデジタル革命とそれを促した要因、テック企業の実像をわかりやすく提示している。特に巨大テック企業BATH(バイドゥ、アリババ、テンセント、ファーウェイ)に挑戦する次世代プラットフォーム企業のビジネスモデルや経営戦略が興味ぶかい。

 巨大企業による独占や監視社会化、信用創出におけるテクノロジー依存など課題もあるが、中国では何より「まずはやってみる」という起業家精神がスピーディなテクノロジーの社会実装に結びついているようだ。起業家精神を育み、挑戦を支える仕掛けが大事だ。 (東洋経済新報社、1870円)

読売新聞
2021年4月4日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加