『東京パンデミック 写真がとらえた都市盛衰』山岸剛著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京 パンデミック

『東京 パンデミック』

著者
山岸 剛 [著、写真]
出版社
早稲田大学出版部
ジャンル
社会科学/社会
ISBN
9784657210074
発売日
2021/04/07
価格
990円(税込)

書籍情報:openBD

『東京パンデミック 写真がとらえた都市盛衰』山岸剛著

[レビュアー] 産経新聞社

 黙示録のようなフォトエッセー。舞台はコロナ禍の東京。それも江東区の中央防波堤のような都市のエッジ、すなわち際(きわ)、自然と対峙(たいじ)する場所に気鋭の写真家が足を運び、思索し、シャッターを切る。モノクロの写真に人は写っていない。建造物と雑草が主体だ。

 《主体はあくまでモノである。モノを撮って、モノの理(ことわり)を解き、モノをして語らしめる写真である》と著者。作品から何が読み取れるか。人間の傲慢か、モノのたくましさか、それは人それぞれだろう。明確なのは、モノこそがそこに生きる人間のありようを冷酷かつ正確に表現しているということだ。(早稲田新書・990円)

産経新聞
2021年4月11日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加