【気になる!】新書『氏名の誕生 江戸時代の名前はなぜ消えたのか』

レビュー

5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

氏名の誕生

『氏名の誕生』

著者
尾脇 秀和 [著]
出版社
筑摩書房
ジャンル
歴史・地理/日本歴史
ISBN
9784480073761
発売日
2021/04/08
価格
1,034円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】新書『氏名の誕生 江戸時代の名前はなぜ消えたのか』

[レビュアー] 産経新聞社

 人の名は生まれた時に与えられ、生涯を通じ変わらない。現代のわれわれのその常識はごく最近、明治初期に生まれたものだった。

 その直前の江戸時代の一般人の名前は何度も改めるのが当たり前で、上下の序を重視する社会に見合った身分標識の役割も果たしていた。武士の名前の多くは形骸化した古代の官職名に由来していたが、王政復古に際し名実を一致させようとして大混乱。場当たり的改革の末に、国民管理の観点から現在の「氏名」に落ち着いていく。日本史理解の盲点を突く、ありそうでなかった一冊。(尾脇秀和著、ちくま新書・1034円)

産経新聞
2021年4月18日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加