格差社会近未来の懐かしい物語 『クララとお日さま』カズオ・イシグロ

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クララとお日さま

『クララとお日さま』

著者
カズオ・イシグロ [著]/土屋 政雄 [訳]
出版社
早川書房
ジャンル
文学/外国文学小説
ISBN
9784152100061
発売日
2021/03/02
価格
2,750円(税込)

書籍情報:openBD

格差社会近未来の懐かしい物語

[レビュアー] 円堂都司昭(文芸評論家)

 カズオ・イシグロがノーベル文学賞受賞第一作として発表した『クララとお日さま』は、どこか懐(なつ)かしい物語だ。AI(人工知能)搭載(とうさい)の人型ロボット、クララは、十代前半の少女ジョジーのAF(人工親友)として、その家族に購入される。ジョジーは幼なじみのリックと将来を約束しているが、病気を抱えていた。クララは、ジョジーがリックとの永遠の愛を成就(じょうじゅ)できるように献身的な冒険をする。

 クララは最新型ではないし、作中では新型のロボットが旧型と距離を置こうとする様子が語られる。こうした同種間の意識の違いは、手塚治虫(てづかおさむ)の『鉄腕アトム』やピクサーの『トイ・ストーリー』など、人に寄り添うロボットやオモチャを描いた従来の物語にもみられた。『クララとお日さま』を懐かしく感じる理由だろう。また、本作の近未来は格差社会であり、ジョジーとリックは立場が異なる。科学技術が階層分化に結びつく設定は、イシグロの過去の作品『わたしを離さないで』を受け継いでいる。

 ジョジーの母親はクララに娘の真似(まね)をさせ、あまりにそっくりだったため「もういい、やめなさい!」と叫ぶ。なにか気味悪さが漂(ただよ)う場面だ。ロボットも人間も同種間で差異があることを個々で意識しているのに、同時にその存在だけの個性などないかもしれないと不安をぬぐえない世界なのだ。矛盾(むじゅん)するようなこの感覚は、現実でも経験するものだろう。

 クララの献身が勘違いと思いこみに満ちていることを伝える作者の語り口は見事。ロボットと人間に距離があるから間違いが正されないのか、ロボットが間違えるのは人間らしさに近づいたからなのか。人間についてあらためて考えてしまう。

光文社 小説宝石
2021年5月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

光文社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加