【気になる!】文庫『チャリング・クロス街84番地増補版』

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャリング・クロス街84番地

『チャリング・クロス街84番地』

著者
ヘレーン・ハンフ [著、編集]/江藤 淳 [訳]
出版社
中央公論新社
ジャンル
文学/外国文学、その他
ISBN
9784122070257
発売日
2021/04/21
価格
902円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】文庫『チャリング・クロス街84番地増補版』

[レビュアー] 産経新聞社

 1949年から20年間、ニューヨークの女性脚本家とロンドンの古書店で働く男性が交わした、書物への愛がにじむ往復書簡集。

 『エリア随筆』の筆者チャールズ・ラムのように、新しい顔、書物、建物、慣習を嫌う女性は、探してほしい古書のリストを送り、男性は誠実にそれに応えようとする。

 はすっぱな米国流ユーモアと謹厳実直な英国流ユーモアのやり取りが独特の温かみを醸し出す。登場する固有名詞には丁寧な注釈が付けられ、英国古典文学への案内書としても読める。後日談を追加した増補版。(ヘレーン・ハンフ著、江藤淳訳、中公文庫・902円)

産経新聞
2021年5月9日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加