【気になる!】新書『日本語の教養100』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本語の教養100

『日本語の教養100』

著者
今野真二 [著]
出版社
河出書房新社
ISBN
9784309631288
発売日
2021/02/26
価格
946円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】新書『日本語の教養100』

[レビュアー] 産経新聞社

 セミのツクツクボウシは「蜻蛉日記」ではクツクツボウシだった▽五十音図にはなぜ四十五音しか示されないか▽「ホレタハレタ」の「ハレタ」とは▽東京語で「高利貸」は「アイス」…。

 現在使われている日本語はどのような歴史、経緯をたどって今に至ったか-。今昔の書物、名作、文豪のエピソードなどをもとに日本語の奥深さに迫る。

 「語の意味とかたち」「辞書をよむ」「音に耳をすます」「ことばであそぶ」など9ジャンルとクイズ形式の100項目。「言語をよく考えて丁寧に使う」ための知識・教養が楽しく得られるはずだ。(今野真二著、河出新書・946円)

産経新聞
2021年5月9日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加