チャーリー・マッケジー著「ぼく モグラ キツネ 馬」

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼく モグラ キツネ 馬

『ぼく モグラ キツネ 馬』

著者
チャーリー・マッケジー [著]/川村元気 [訳]
出版社
飛鳥新社
ISBN
9784864107587
発売日
2021/03/18
価格
2,200円(税込)

書籍情報:openBD

チャーリー・マッケジー著「ぼく モグラ キツネ 馬」

[レビュアー] 南沢奈央(女優)

 読み聞かせをしている大人がうっかり泣いてしまう、と話題の絵本。開けば、手書きの文字で綴(つづ)られたストレートな言葉の数々と、スケッチのように筆一本で描かれたラフなイラストがあるだけ。シンプルで余白があるからこそ真っすぐに胸に届き、読者それぞれの思いを広げることができる。

 旅をすすみながら交わされる、ぼくとモグラ、キツネ、馬との問答。“おおきくなったら、なにになりたい?”“やさしくなりたい”“いままでにあなたがいったなかで、いちばんゆうかんなことばは?”“たすけて”。完璧ではない、弱い自分に素直になる。愛し愛されていることを知る。大人になるほど忘れてしまいがちな大事なことに気づかせてくれる。

 不安を抱えている自分の背中を押すでも支えるでもなく、ただ手を添えて安心させてくれるような一冊。“ぼくは、ぼくのままでいいってこと”。川村元気訳。(飛鳥新社、2200円)

読売新聞
2021年5月2日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加