白木蓮はきれいに散らない オカヤイヅミ著

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白木蓮はきれいに散らない

『白木蓮はきれいに散らない』

著者
オカヤ イヅミ [著]
出版社
小学館
ジャンル
芸術・生活/コミックス・劇画
ISBN
9784091793485
発売日
2021/03/25
価格
1,320円(税込)

書籍情報:openBD

白木蓮はきれいに散らない オカヤイヅミ著

[レビュアー] 南沢奈央(女優)

 本書の主人公は50代の女性3人だ。正直、自分が50代になったときにどういう人生を歩んでいるか想像もつかない。今30代に入ったばかりだけど、すでに、学生時代に思い描いていたような人生になっていないのだから……。

 私の人生ってこのままでいいの? 専業主婦として家を支えるマリ、離婚調停中のサヨ、キャリアウーマンのサトエ。高校の同級生が孤独死したことをきっかけに、振り返ることも先を見ることもせずに進んでいた今、一瞬立ち止まって、自分の人生を見つめる。自分で選択してきた道だけど、家事は好きじゃないし、自分の身を守るなんてしたことなかったし、会社では何となく居心地が悪い。

 辛(つら)いことも、しんどい現実も、むかしだったらみんなで逃げて、みんなでバカ笑いして乗り越えてきた。遺品から出てきた高校時代のある1枚の写真を見て、そんなことを思い出す。大人になったって、脱日常していい。笑っていいのだ。そして先の話をする、ただそれだけでこれからを歩む希望になるということを、散り終わった白木蓮(ハクモクレン)の下で知る。(小学館、1320円)

読売新聞
2021年5月23日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加