『マクシミリアン・エレールの冒険』アンリ・コーヴァン著、清水健訳

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マクシミリアン・エレールの冒険

『マクシミリアン・エレールの冒険』

著者
アンリ・コーヴァン [著]/清水 健 [訳]
出版社
論創社
ジャンル
文学/外国文学小説
ISBN
9784846020187
発売日
2021/05/23
価格
2,420円(税込)

書籍情報:openBD

『マクシミリアン・エレールの冒険』アンリ・コーヴァン著、清水健訳

[レビュアー] 産経新聞社

 観察眼と推理力で密室殺人を解決し、その活躍を相棒の医師がつづる。名探偵シャーロック・ホームズではない。パリの哲学者「マクシミリアン・エレール」の活躍を描いた本書は、19世紀フランスのミステリー小説の邦訳だ。

 ロンドン在住シャーロキアン(シャーロック・ホームズ研究家)の訳者は、あとがきでホームズの作者コナン・ドイルが本書を読んだかもしれない手がかりを提示し、ドイルのエディンバラ大学医学校の恩師、ベル博士とされるホームズのモデルが「エレールの可能性もある」と指摘している。シャーロキアン待望の訳書だ。(論創海外ミステリ・2420円)

産経新聞
2021年5月30日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加