【児童書】『うそ』谷川俊太郎 詩、中山信一 絵

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うそ

『うそ』

著者
谷川俊太郎 [著]/中山信一 [イラスト]
出版社
主婦の友社
ISBN
9784074464708
発売日
2021/04/01
価格
1,540円(税込)

書籍情報:openBD

【児童書】『うそ』谷川俊太郎 詩、中山信一 絵

[レビュアー] 産経新聞社

 犬の散歩をしている男の子。ほかの犬とすれちがったり、雨が降りはじめたり。その間、男の子がずっと考え続けているのは「うそ」について。〈ぼくは きっと うそをつくだろう〉〈いっていることは うそでも うそをつく きもちは ほんとうなんだ〉…。うそはダメ、でもきっとうそにもほんとが混じっていて、ほんとにもうそがいくぶん混じっているのだ。

 国民的詩人が昭和63年に刊行した詩集『はだか』の中の名編に、イラストレーターが素朴で愛らしい絵を添えている。(主婦の友社・1540円)

産経新聞
2021年5月30日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加