家は生態系 ロブ・ダン著

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家は生態系

『家は生態系』

著者
ロブ・ダン [著]/今西康子 [訳]
出版社
白揚社
ジャンル
自然科学/生物学
ISBN
9784826902236
発売日
2021/02/19
価格
2,970円(税込)

書籍情報:openBD

家は生態系 ロブ・ダン著

[レビュアー] 小川さやか(文化人類学者・立命館大教授)

 私たちはみな家の中で20万種類もの生物とともに暮らしている。孤独でいてもあなたは一人じゃない。そう聞いてぎょっとする人も多いだろう。急いで家の掃除をし、殺虫剤を撒(ま)き始めるかもしれない。

 だが著者は、殺虫剤や抗菌薬を使用すると、人間を病原菌から守り、害虫を駆除している生物まで死滅させ、かえって薬剤耐性をもつ危険な生物を繁殖させるという。生物多様性が低下すると、人間の免疫系も低下し様々な慢性疾患のリスクも高まる。さらに人間が攻撃を加えた生物は、チャバネゴキブリのように恐るべき進化を遂げる。

 清潔な水、有効な保健衛生システム、ワクチン、抗生物質はもちろん必要だ。だが同時に危険な病原菌と戦う力を高め、免疫系の正常な働きを取り戻し、「パン」を作る酵母のような有益な生物種を発見して豊かに暮らすために生物多様性を取り戻す必要があるのだ。

 凍原のごとき冷凍庫や砂漠より熱いオーブン、アルカリ性の高い練り歯磨きなど特殊な環境に溢(あふ)れた家屋。身近な生態系は人間が生物と共生する術(すべ)を教えてくれる。今西康子訳。(白揚社、2970円)

読売新聞
2021年5月30日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加