【気になる!】コミック『ひらばのひと①』

レビュー

8
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひらばのひと(1)

『ひらばのひと(1)』

著者
久世 番子 [著]
出版社
講談社
ジャンル
芸術・生活/コミックス・劇画
ISBN
9784065225554
発売日
2021/04/23
価格
715円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】コミック『ひらばのひと①』

[レビュアー] 産経新聞社

講談社が講談をテーマにした漫画を発行した。二ツ目の女流講談師である泉花は、落語と比べ人気のない講談の現状に悩む日々を過ごす。つかみどころのない平成生まれの弟弟子・泉太郎の言動にはヤキモキさせられ、さらには〝幽霊騒動〟も勃発し…。世に心配の種は尽きないが、泉花と泉太郎は今日も高座に立ち、芸の道を歩んでいく。

独特の節で読む軍記物の勇壮な場面を「修羅場(ひらば)」と呼ぶなど、講談について「いろはのい」から教えてもらえるのがありがたい。コメディータッチなので気軽に読め、高座にも足を運びたくなってくる。(久世番子著、神田伯山講談監修、講談社・715円)

産経新聞
2021年6月20日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加