【児童書】『気温が1度上がると、どうなるの? 気候変動のしくみ』

レビュー

7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気温が1度上がると、どうなるの? 気候変動のしくみ

『気温が1度上がると、どうなるの? 気候変動のしくみ』

著者
竹内薫 [監修]/松永美穂 [訳]/クリスティーナ・シャルマッハー・シュライバー [著]/シュテファニー・マリアン [イラスト]
出版社
西村書店
ジャンル
自然科学/天文・地学
ISBN
9784867060179
発売日
2021/01/29
価格
2,090円(税込)

書籍情報:openBD

【児童書】『気温が1度上がると、どうなるの? 気候変動のしくみ』

[レビュアー] 産経新聞社

地球上で進行する気候変動はなぜ起きているのか? これまでの歴史から説き起こし、今私たちが何をすればいいのかまでを、かわいいイラストとともに紹介する。

本書では気候と天気の違いや「温室効果」の仕組み、これまでにどのような気候変動があったのかを説明。後半では人間の暮らしの変化でどのように自然が変わったかや、環境を守るための生活様式まで分かりやすく書かれている。(K・S・シュライバー文、S・マリアン絵、松永美穂訳、竹内薫監修/西村書店・2090円)

産経新聞
2021年6月27日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加