【児童書】『ぼくの師匠はスーパーロボット』南田幹太作、三木謙次絵

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼくの師匠はスーパーロボット

『ぼくの師匠はスーパーロボット』

著者
南田幹太 [著]/三木謙次 [イラスト]
出版社
佼成出版社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784333028467
発売日
2021/04/26
価格
1,430円(税込)

書籍情報:openBD

【児童書】『ぼくの師匠はスーパーロボット』南田幹太作、三木謙次絵

[レビュアー] 産経新聞社

作者で58歳の南田幹太(なんだ・かんた)は本書がデビュー作。ロボットが活躍する児童書は珍しくないが、本書に登場するのは異色の「おじいちゃんタイプ」。見た目は昭和の時代にさかのぼったような和服姿のお年寄りだ。

クラスでロボットを持っていないのは主人公の少年だけ。どうしても欲しくて大特売のおじいちゃんを買ってもらったら、何だかエラそう。毎朝5時半に起こされ、木刀で素振りをするはめに。返品しようと思ったが、その〝人柄〟にひかれはじめ…。生活習慣の大切さを描くSFコメディー。(佼成出版社・1430円)

産経新聞
2021年7月11日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加