SNS時代のジャーナリズム『ブレイクニュース』 薬丸岳

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレイクニュース

『ブレイクニュース』

著者
薬丸 岳 [著]
出版社
集英社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784087717525
発売日
2021/06/25
価格
1,980円(税込)

書籍情報:openBD

SNS時代のジャーナリズム

[レビュアー] 西上心太(文芸評論家)

 いまや子供たちの憧れの職業の上位に挙げられるようになったのがユーチューバーだ。品質の良し悪しは別にして、誰もが簡単に映像作品を全世界に向けてアップロードできるようになった。趣味の多様化も手伝いニッチな内容でも思わぬ人気を得ることができる反面、軽率な投稿により取り返しのつかない事態を招く場合もある。

 野依美鈴(のよりみすず)という女性がキャスターを務める「ブレイクニュース」は、社会問題を正面から取り上げるユーチューブチャンネルだ。始まってから半年ほどだが、美鈴の美貌も手伝い、時に一千万回を超す動画視聴回数を誇っている。撮影カメラマンだけを連れ、関係者に突撃取材を試みるのが美鈴の手法で、さまざまな問題に鋭く切り込んでいく。週刊誌記者の真柄新次郎(まがらしんじろう)は、彼女をジャーナリスト紛いのキワモノと思っていたが、徐々にその実力に瞠目するようになり、経歴不明の彼女の正体を探ろうとする。

 児童虐待、中年の引きこもり、冤罪、パパ活売春、SNS炎上によるバッシング。連作短編の形を取りながら、各挿話でこのようなテーマが俎上(そじよう)に登るのだ。一見インモラルに思える取材を敢行する美鈴だが、意外な意図が隠されていて驚かされる。

 どのような批判があろうと、「真実を追究しようとする(中略)頑(かたく)なさと、そのためにはどんな手段も厭(いと)わない冷徹さ」を持ち続ける美鈴の真意は何か。それが全編を通して最大の謎であり、旧ジャーナリストを代表する真柄という人物を介して、最後にその秘密が明らかになる。

 SNSの時代における報道が持つ力と破壊力、そしてその危険性をエンターテインメント性豊かに描いた作品だ。

光文社 小説宝石
2021年8・9月合併号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

光文社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加