[読売新聞記者が選ぶ]『海外M&A 新結合の経営戦略』『スペース・コロニー 宇宙で暮らす方法』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外M&A 新結合の経営戦略

『海外M&A 新結合の経営戦略』

著者
松本 茂 [著]
出版社
東洋経済新報社
ジャンル
社会科学/経営
ISBN
9784492534373
発売日
2021/04/23
価格
3,520円(税込)

書籍情報:openBD

スペース・コロニー 宇宙で暮らす方法

『スペース・コロニー 宇宙で暮らす方法』

著者
向井 千秋 [著、監修]/東京理科大学 スペース・コロニー研究センター [著、編集]
出版社
講談社
ジャンル
工学工業/工学・工学総記
ISBN
9784065235669
発売日
2021/05/20
価格
1,100円(税込)

書籍情報:openBD

[読売新聞記者が選ぶ]『海外M&A 新結合の経営戦略』『スペース・コロニー 宇宙で暮らす方法』

[レビュアー] 読売新聞

海外M&A 新結合の経営戦略 松本茂著

 日本企業が成長機会を求めて、海外企業へのM&A(合併・買収)に費やした金額は、この20年間で100兆円を超える。だが、事後の戦略が不十分で失敗に終わる例は後を絶たない。

 本書は、M&Aを長年研究してきた著者が、様々な事例を丹念に分析し、成功を収めた経営者へのインタビューをもとにその要因を探っている。

 経済学の泰斗、シュンペーターが唱えた新しい事業の結合を繰り返し価値を創造する理論と、合併の効果や意義を重ね合わせ、既存事業の深掘りと新規事業の開拓の二兎(にと)を追う「両利きの経営」の発想が成功には欠かせないと説く。(東洋経済新報社、3520円)(徹)

 

スペース・コロニー 宇宙で暮らす方法 向井千秋監修・著 東京理科大学スペース・コロニー研究センター編・著

 米国が、宇宙飛行士を再び月面に送る「アルテミス計画」を公表するなど、地球周回軌道以遠の宇宙開発が動き始めている。人が宇宙で暮らす時代が訪れつつあるが、そのための研究の進捗(しんちょく)状況を解説する本だ。

 水や空気などの再生技術では、光触媒など開発が進んでいる分野もある。一方で、今も水の再利用率は70~80%にとどまっており、いくつかの廃棄物はリサイクルが困難だという。

 これらの技術開発は地球での普段の生活に役立つとともに、私たちに地球のシステムがいかによくできているかを教えてくれる。(講談社ブルーバックス、1100円)(十)

読売新聞
2021年7月11日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加