アウシュヴィッツで君を想う エディ・デ・ウィンド著 早川書房

レビュー

5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウシュヴィッツで君を想う

『アウシュヴィッツで君を想う』

著者
(株)アマナ [著]/エディ・デ・ウィンド [著]/柳川 貴代 [イラスト]/塩崎 香織 [訳]
出版社
早川書房
ジャンル
文学/外国文学、その他
ISBN
9784152100139
発売日
2021/04/01
価格
2,200円(税込)

書籍情報:openBD

アウシュヴィッツで君を想う エディ・デ・ウィンド著 早川書房

[レビュアー] 長田育恵(劇作家)

妻支えに生き抜いた医師

 『夜と霧』の著者である精神科医フランクルは、強制収容所で人々の生死を分けたものの一つが「未来に対し希望を持ちえているか」であったと挙げていた。本書はまさに過酷な状況にありながら、妻への想(おも)いを支えに、アウシュヴィッツでの毎日を創意工夫と柔軟性、意志の力で生き抜いた27歳の医師の体験記だ。1943年9月から45年1月のアウシュヴィッツ解放までを記している。

 著者は両親の代からオランダ在住のユダヤ人。ドイツのオランダ侵攻に伴い、42年、ウェステルボルク通過収容所に医師として志願した。当初は職員であれば他の収容所へは移送されないと保証されていたから。そこで看護婦として働く18歳のフリーデルに出逢(であ)い、収容所内で結婚する。だが半年後、二人もアウシュヴィッツに移送されることになった。

 この体験記の大きな特徴は、戦争が終結する前にアウシュヴィッツ内で書かれたものだということ。著者は自らの名をハンスとし、三人称で物語のように綴(つづ)ることで、体験を少しでも客観視しようと努めている。次の特徴は、二人は収容所内でも交流の機会を持てていたということ。著者は何度も選抜を潜(くぐ)り抜け、病棟勤務を勝ち取る。隣のブロックが女性抑留者棟でそこに彼女が収監されていた。女性抑留者たちは人種根絶のため不妊化の人体実験に晒(さら)されている。日々募る彼女の恐怖。そんな彼女にわずかでも励ましを伝えることが、著者の生きる目的になる。体験の渦中にあるため、日々に臨場感がある。そして奇跡的に訪れる一瞬に心を震わせる二人の姿が胸に迫る。

 ビルケナウも含むアウシュヴィッツ複合体の中では、著者は若さと医師という職業ゆえ生きる余地が与えられていた、最も幸運な抑留者のひとりだと言える。だからこそ「悲惨・残虐」のラベルで覆い目を背けたくなる収容所の日常を、より詳しく鮮明な解像度で描き出す。著者の体験は、人間は他者にどんなことを為(な)し得るか、同時に、どれほど他者を想えるのか、普遍性を持って突きつける。決して遠い過去ではない。塩崎香織訳。

読売新聞
2021年6月13日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加