『皇統を守る道 『昭和天皇実録』に見る「旧宮家」の真実』勝岡寛次著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皇統を守る道

『皇統を守る道』

著者
勝岡 寛次 [著]
出版社
明成社
ジャンル
歴史・地理/伝記
ISBN
9784905410645
発売日
2021/07/26
価格
660円(税込)

書籍情報:openBD

『皇統を守る道 『昭和天皇実録』に見る「旧宮家」の真実』勝岡寛次著

[レビュアー] 産経新聞社

政府の有識者会議が皇族数の確保策として、女性皇族の婚姻後の皇籍維持と、旧宮家の男系男子の皇籍復帰という2案を打ち出したが、皇統を守るには後者しかないと教えてくれるのが本書だ。皇室研究の著作も多い著者が、旧宮家(旧皇族)について分かりやすく解説している。

とくに、これまでベールに包まれてきた皇族と旧皇族の「菊栄親睦会」について、昭和天皇実録を基に実態を解き明かした意義は大きい。皇族と旧皇族は絶えず交流を重ね、旧皇族の皇籍復帰は自然な流れだと分かる。有識者会議のメンバーにもお勧めしたい一書である。(明成社・660円)

産経新聞
2021年8月29日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加