高橋弘樹著 「都会の異界 東京23区の島に暮らす」

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

都会の異界 東京23区の島に暮らす

『都会の異界 東京23区の島に暮らす』

著者
高橋 弘樹 [著]
出版社
産業編集センター
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784863113046
発売日
2021/07/14
価格
1,650円(税込)

書籍情報:openBD

高橋弘樹著 「都会の異界 東京23区の島に暮らす」

[レビュアー] 稲野和利(ふるさと財団理事長)

 「市中の山居」を理想とし佃島に暮らす著者が、東京23区内に存在する島を次々に訪れる。誰でも名前は知っているがその実情に精通しているわけではない佃島、月島、平和島、勝島。見たことも聞いたこともない赤羽の中之島や江東区の中の島、江戸川区の妙見島。それぞれの島、それぞれの場所で生活の息吹を感じ、様々な人たちとの偶然の出会いを味わう。年間200匹というウナギ釣りの達人、50代のお笑い芸人の卵、アフリカソウゲンワシを飼うおじさん、ラブホテル管理人の気のいいおばちゃん、皆別世界の特殊な人のようであってどこにでもいる人のようでもある。

 日常の中に非日常がある都会の中のエアポケット。たとえ短い橋で結ばれ実質的には陸続きであっても、島という名がつけばそこは地理的にも心理的にも隔絶された世界となる。「異界感」をたっぷり味わおう。(産業編集センター、1650円)

読売新聞
2021年8月29日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加