地理情報開発編 「日本路面電車地図鑑」

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本路面電車地図鑑

『日本路面電車地図鑑』

著者
株式会社 地理情報開発 [編集]
出版社
平凡社
ジャンル
産業/交通・通信
ISBN
9784582946062
発売日
2021/05/24
価格
2,750円(税込)

書籍情報:openBD

地理情報開発編 「日本路面電車地図鑑」

[レビュアー] 柴崎友香(作家)

 路面電車のある街が暮らしやすいと感じるのは、人のサイズや生活リズムに合った交通だからだろう。この「地図鑑」は、札幌から鹿児島まで現役約20の路線の車両と街を紹介している。

 レトロな形から低床式の最新型まで、カラフルな車両に見入ってしまう。別の街で活躍する車両を見つけるのもうれしい。広島電鉄で今日も走る、被爆を経験した車両と大阪大空襲を生き残った元大阪市電の写真もある。歴史や交差の方式、観光名所まで解説があり、路面電車の街をめぐりたくなる。さらに、すでに廃線になった路線を網羅したページも充実していて、面影を探して歩くのもいいかもと想像してしまう。

 路面電車の風景から都市や暮らしとの関係まで、思いが広がる。宇都宮で近く開業予定の新規路線も載っていて、懐かしいだけではない、これからの路面電車の可能性に期待が膨らむ。(平凡社、2750円)

読売新聞
2021年9月5日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加