膨張GAFAとの闘い デジタル敗戦 霞が関は何をしたのか 若江雅子著 中公新書ラクレ

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

膨張GAFAとの闘い

『膨張GAFAとの闘い』

著者
若江 雅子 [著]
出版社
中央公論新社
ジャンル
社会科学/社会
ISBN
9784121507327
発売日
2021/06/09
価格
990円(税込)

書籍情報:openBD

膨張GAFAとの闘い デジタル敗戦 霞が関は何をしたのか 若江雅子著 中公新書ラクレ

[レビュアー] 瀧澤弘和(経済学者・中央大教授)

巨大IT規制 覚悟問う

 最近は、電車内のほぼ全員がスマホを操作する光景を異様だとも思わなくなってしまった。われわれがデジタル・サービスにどっぷり浸(つ)かるようになったこの十数年の間、情報通信の世界で何が起こっていたのか。

 この間、「GAFA」と呼ばれる米IT大手4社は、規制の「グレーゾーン」をひたすら突き進み、巨大な広告業へと変貌(へんぼう)した。それがプライバシー、消費者保護、競争政策等に大きな問題を投げかけているにもかかわらず、政府の対応は後手に回ってきた。本書は、こうした事態の背後にある理由を検証し、警鐘を鳴らす。

 グーグルやフェイスブックは、ユーザーが検索やSNSのサービスを使う際に得たデータを利用し、個々人に最適化した広告を配信することで、広告主から広告料を得る。その情報は直接的には個人を識別する「個人情報」ではないとされ規制対象から外されてきたが、グーグルやフェイスブックが保有する情報と突き合わせれば、容易に個人情報になる危険性がある。

 規制を強めればいいと思うかもしれない。だが、日本政府は、GAFAに対し既存の国内法すら「域外適用」することに躊躇(ちゅうちょ)し、世界の趨勢(すうせい)に後れをとってきた。実効性のある法執行を引き受ける覚悟が問われていたのである。

 強い危機感と使命感を持った人たちの努力が実を結び、この2、3年で政府も次々と手を打ち始めている。だが、この間に費やされた時間と苦労が意味していることは、GAFAとの闘いが日本社会との闘いでもあったということだ。責任の一端は、利便性と引き換えに引き渡したデータでビジネスが行われる大きな構造変化に無自覚なわれわれ自身にもある。

 法整備が進んでいると言っても、強大化したGAFAに対して政府が持つ「武器」は、EUなどと比較して、あまりにも弱い。始まったばかりの闘いには市民社会からの支援が不可欠なのだと考えさせられる。

読売新聞
2021年9月12日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加