【気になる!】コミック『東京ヒゴロ①』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京ヒゴロ

『東京ヒゴロ』

著者
松本 大洋 [著]
出版社
小学館
ジャンル
芸術・生活/コミックス・劇画
ISBN
9784098611171
発売日
2021/08/30
価格
1,500円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】コミック『東京ヒゴロ①』

[レビュアー] 産経新聞社

白い文鳥の表紙が目を引く、著者初の「漫画家」をテーマにした漫画だ。物語は50歳過ぎの漫画編集者・塩澤が出版社を自己都合で退職する下りから始まる。

一度は手持ちの漫画を全て手放そうとした塩澤。葛藤の末、理想の漫画本を作ることを決意し、自分が信じる漫画家たちを訪ね歩く。かつての輝きを取り戻せないまま今も描き続ける漫画家、何も描けなくなった漫画家…。

漫画家が漫画業界のアレコレや人情の機微を描くのだから、面白くないはずがない。何気ない街の風景の絵も実に美しい。手元に置き、折につけページをめくりたくなる一冊。(松本大洋著、小学館・1500円)

産経新聞
2021年9月19日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加