【児童書】『あるすてねこさんのおはなし』はしもとえりこ絵、うすいあさみ作

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あるすてねこさんのおはなし

『あるすてねこさんのおはなし』

著者
はしもと えりこ [イラスト]/うすい あさみ [企画・原案]
出版社
かもがわ出版
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784780311662
発売日
2021/07/02
価格
1,760円(税込)

書籍情報:openBD

【児童書】『あるすてねこさんのおはなし』はしもとえりこ絵、うすいあさみ作

[レビュアー] 産経新聞社

ある日突然「しろねこのぼく」は公園に置いていかれる。「ねこはかしこいからそとでいきていけるよ」とママ(飼い主)は言って。迎えに来てくれると信じて待つうちに喉が渇き、おなかもすいた。食べ物を探すが野良猫は強い。自動車も人も怖い。外の世界には怖いものがいっぱいだ。汚れケガをした「ぼく」はつぶやく。「かしこいねこだからわかったんだ。ぼくはすてられたんだって」。獣医師が描く、捨て猫の悲しい運命。コロナ禍で捨てられるペットが増える現状にも警鐘を鳴らす一冊。(かもがわ出版・1760円)

産経新聞
2021年10月3日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加