『祈り 上皇后・美智子さまと歌人・五島美代子』濱田美枝子、岩田真治著(藤原書店)

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

祈り

『祈り』

著者
濱田 美枝子 [著]/岩田 真治 [著]
出版社
藤原書店
ジャンル
文学/日本文学詩歌
ISBN
9784865783070
発売日
2021/06/28
価格
2,970円(税込)

書籍情報:openBD

『祈り 上皇后・美智子さまと歌人・五島美代子』濱田美枝子、岩田真治著(藤原書店) 

[レビュアー] 梅内美華子(歌人)

指導に応え 紡いだ御歌

 本書の第一部はNHKのディレクターである岩田真治氏が美智子さまの御歌を核として激動の道のりと心を辿(たど)る。第二部は研究者である濱田美枝子氏が美智子さまの和歌の指導役であった歌人五島美代子の生涯と、お二人の歌と絆を丹念に考察した評伝を収める。

 美智子さまが歌を書き始めたのは早く、12歳のころに佐佐木信綱主宰の『心の花』に投稿なさっていた。その作品について濱田は「秘(ひそ)やかにひっそりと存在しているもの」への「優しさ」と「洞察力」、「自然の生命力を感受する喜び」や家族への深い心情などの特徴を見出(みいだ)す。それは後年の「皇室は祈りでありたい」という御言葉に通じてゆくものであった。「祈り」は美智子さまの「生き方そのもの」であり歌の根幹を支える世界であると結ぶ。

 五島美代子は「母の歌人」と呼ばれる。妊娠の身の「胎動」を初めて詠み、急逝した長女への哀傷歌群を残した。美代子は盲目的な情愛だけではなく、母性を客観視した思索的な作品によって短歌における個の内実と表現を開拓し深めた。夫の五島茂は上皇陛下の皇太子時代から和歌の指導役を担っており、美代子はお妃(きさき)教育が始まった昭和34年から和歌をご進講。ただならぬ緊張感と厳しくも熱意に満ちた当時の様子が本書で掘り起こされる。美智子さまは「一日一首」詠むという宿題に毎週12~13首をお作りになり、解説された古今の名歌を全て暗誦(あんしょう)なさったという。のちに産褥(さんじょく)の中でもメモをとって歌をお作りになろうとした姿勢にも美代子の指導に全力で応えようとされたご努力と、御歌に宿る真の情がうかがわれる。

 〈あづかれる宝にも似てあるときは吾子(わこ)ながらかひな畏(おそ)れつつ抱(いだ)く〉。皇室の厳格な伝統の中にあって心を見つめ美智子さまだけが詠み得る慈愛と清らかな抒情(じょじょう)を紡がれた。開花し結実した御歌に、美智子さまと美代子は出会うべくして出会ったと感じ入る。

読売新聞
2021年10月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加