『絶対に解けない受験世界史3 悪問・難問・奇問・出題ミス集』稲田義智著(パブリブ)

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

絶対に解けない受験世界史3

『絶対に解けない受験世界史3』

著者
稲田義智 [著]
出版社
パブリブ
ジャンル
歴史・地理/外国歴史
ISBN
9784908468513
発売日
2021/08/10
価格
2,750円(税込)

書籍情報:openBD

『絶対に解けない受験世界史3 悪問・難問・奇問・出題ミス集』稲田義智著(パブリブ)

[レビュアー] 苅部直(政治学者・東京大教授)

大学入試 あり方考える

 大学の入試問題に誰も解けないような難問・奇問が登場し、受験生を悩ませることは、よく話題になる。昨今の入試制度をめぐる改革で、知識を詰めこんだ量よりも、思考力を測る試験への転換が試みられた理由の一つである。

 だが世界史という科目に関しては、特殊な事情がさらに重なっている。たとえば某大学は二〇一七年度に、「アジアからの遊牧民」として「マジャール人」を答えさせる問題を出した。だが設問の文面は高校学習参考書からの丸写しであり、そもそもアジア系という理解が、今では検定教科書から消えている古い説明だった。

 おそらくは出題にあたる大学教員が、自分の専門ではない、さまざまな地域と時代に関する問題を作っているからだろう。そのために、世界史教科書や用語集から細かい情報を拾い出して、深く検討しないまま杜撰(ずさん)な出題をしてしまうのである。「受験世界史研究家」である著者、稲田義智は、そうした入試関係者の「単純な怠惰と傲慢(ごうまん)さ」をきびしく批判しながら、各年度の問題から悪問や出題ミスの数々をとりあげ、詳しく論評している。歴史好きの読者は、難問クイズ集として楽しむこともできるだろう。

 昨今「高大接続」が盛んに唱えられるにもかかわらず、そのつなぎ目である入試問題は、どういう知識を新入生に求めるかについて、十分に考えないまま作られているのである。バラク・オバマ大統領の業績や、ハーマン・メルヴィルの『白鯨』について問うた大学もあるが、優秀な高校生なら知っていて当然の一般教養だとみなすのは、さすがに無理がある。

 それでも、先の一月に初めて実施された大学入学共通テストに関しては、試行調査の雑な出題を克服して「よく軌道修正されていた」という。良問を出すと著者が評価している大学も、数は少ないが存在する。大学関係者は自己反省のために、それ以外の読者は歴史教育のあり方を考えるために、ぜひ読んでほしいと思う。

読売新聞
2021年10月29日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加