『世界の知性が語る「特別な日本」』会田弘継著(新潮新書)

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の知性が語る「特別な日本」

『世界の知性が語る「特別な日本」』

著者
会田 弘継 [著]
出版社
新潮社
ジャンル
歴史・地理/歴史総記
ISBN
9784106109249
発売日
2021/09/17
価格
792円(税込)

書籍情報:openBD

『世界の知性が語る「特別な日本」』会田弘継著(新潮新書)

[レビュアー] 尾崎真理子(早稲田大学教授/読売新聞調査研究本部客員研究員)

 国際政治の最前線で論評を続ける著者は、大戦から現在まで尾を引く〈理屈では対処できない感情〉の現場を長く渡り歩いた。第一級の指導者、識者の胸の底に潜む「日本観」を真摯(しんし)に聞き取ってきた。

 近代日本はなぜ特別な成功を遂げたのか。バブル崩壊後の失速から浮上する道は、どこにあるのか。深々とした対話、そこから導き出された提言を凝縮した、話題の一冊だ。

 日本軍によるシンガポール陥落、華僑虐殺への幻滅を回顧録に刻んだ老リー・クアンユーの、それでも〈どこかに認容が隠れている〉、日本人の物心両面における清潔さへの信頼。〈明治維新・南北戦争以降の日米の近代化はパラレルだ〉と断言した歴史家ジョン・ダワー。同氏をも刺激した、両国の思想史への著者の鋭い見解。

 硬質な内容だが、文章はこわばることがない。ポーランドの映画監督ワイダや、トルコのノーベル賞作家パムク……文化人との対話でいっそう弾みは増す。江藤淳、加藤典洋ら「戦後」を考え詰めた批評家への敬愛も、たっぷり蓄積されているからだろう。

読売新聞
2021年11月19日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加