『味の台湾』焦桐(ジアオトン)著(みすず書房)

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

味の台湾

『味の台湾』

著者
焦桐 [著]/川浩二 [訳]
出版社
みすず書房
ジャンル
文学/外国文学、その他
ISBN
9784622090458
発売日
2021/10/20
価格
3,300円(税込)

書籍情報:openBD

『味の台湾』焦桐(ジアオトン)著(みすず書房)

[レビュアー] 橋本倫史(ノンフィクションライター)

 台湾の味とは何か?

 その問いにとりつかれるように、詩人である著者は、飲食にまつわる散文を書き継いできた。その総集編とも呼ぶべき『味道福爾摩莎』に収録された160篇(ぺん)のうち、60篇を選んで翻訳したのが『味の台湾』だ。

 ●仔麺、白斬鶏、鹹湯円、猪血湯、紅●米●、爆肉、牛舌餅、排骨湯――エッセイの表題となる料理の名前を眺めていると、台湾を旅した日を思い出す。ガイドブック片手に、メニューを読み解き注文するだけでは、台湾を味わい尽くした気にはなれなかった。

 本書には台湾の食文化の成り立ちや調理法、料理の地域性が綴(つづ)られており、台湾の歴史が垣間見える。抑制のきいた文章に、個人的な記憶が隠し味のように添えられ、滋味深い。料理と共にある記憶を平らげているようで、初めて台湾の食を味わえた心地がした。

 この本さえあれば、台湾で料理を食べずとも――と言いたいところだが、読めば読むほど、本書を手に台湾を巡りたくなる。著者の言葉を借りれば、「朝食を一度食べるだけではこの朝食天国に申し訳が立たない」だろう。川浩二訳。

読売新聞
2021年12月3日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加