『言えそうなのに言わないのはなぜか 構文の制約と創造性 Explain Me This』アデル・E・ゴールドバーグ著(ひつじ書房)

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

言えそうなのに言わないのはなぜか

『言えそうなのに言わないのはなぜか』

著者
アデル・E・ゴールドバーグ [著]/木原 恵美子 [訳]/巽 智子 [訳]/濵野 寛子 [訳]
出版社
ひつじ書房
ジャンル
語学/語学総記
ISBN
9784823410796
発売日
2021/09/13
価格
4,180円(税込)

書籍情報:openBD

『言えそうなのに言わないのはなぜか 構文の制約と創造性 Explain Me This』アデル・E・ゴールドバーグ著(ひつじ書房)

[レビュアー] 飯間浩明(国語辞典編纂者)

記憶が決める 言い方

 英語で作文をすると、理屈は通りそうなのに、「実際の英語ではそうは言わない」と直されてしまうことがあります。本書の原題にも使われた「Explain me this」(これを私に説明して)もそのひとつ。「Explain this to me」というのが一般的な表現だそうです。

 なぜ前者でなく後者が使われるのか。「そういう見えないルールがあるのだ」と説明する研究者もいます。たしかに、英語の辞書を見ると、何行にもわたって語法の説明が書かれています。「explain」のようなラテン語起源の動詞には、前者の文型は使われないらしい。

 でも、英語を話す人が、辞書にあるルールを一つ一つ暗記しているとも思えません。本書の著者は別の考えを述べます。母語話者は、ことばに関する膨大な記憶を、一部抽象化しながら頭に蓄積します。頭の中では、似たような表現がクラスタ(まとまり)を作っています。たとえば、「動詞+to+対象」の形を取る表現のクラスタがあって、その中に「Explain this to me」も記憶されているわけですね。

 母語話者は見えないルールに従っているのではなく、自分が見聞きしたことばの記憶に基づいて話しているというのは、理解しやすい説明です。初めにルールありきではないので、新しい状況に即して、ことばを創造的に使えるのです。著者は、言語の習得・運用にまつわる不思議を鮮やかなイメージで説明しています。

 著者の考え方を日本語に当てはめてみましょう。たとえば、「現状に鑑(かんが)みる」「現状を鑑みる」というふたつの言い方があります。どちらも伝統的な形ですが、「鑑みる」が、頭の中で「(~に)基づく・即する」と同じクラスタに入っている人と、「(~を)考える・踏まえる」と同じクラスタに入っている人がいて、それで両方の言い方があるのでしょう。私たちの話す日本語を考えるためにも、参考にしたい研究です。木原恵美子他訳。

読売新聞
2021年12月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加