【児童書】『えきべん と ふうけい』マメイケダ作

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

えきべんとふうけい

『えきべんとふうけい』

著者
マメイケダ [著]
出版社
あかね書房
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784251099488
発売日
2021/10/20
価格
1,540円(税込)

書籍情報:openBD

【児童書】『えきべん と ふうけい』マメイケダ作

[レビュアー] 産経新聞社

駅のホームでお弁当を買って電車に乗る人を見て、「ぼく」も乗りたくなった―。

ガタンゴトンと動き出した車内に「パッチン!」とわりばしを割る音が響き、ページをめくれば見開き2ページにド~ンと描かれた「チキン弁当」が登場。さらに「シウマイ弁当」「稲荷(いなり)寿し」「ひっぱりだこ飯」…。東京から島根(作者の故郷)までを思わせる鉄道の旅で、車窓の風景とゆかりの駅弁が次々と描かれる。

コロナ禍でままならない旅行を、気分だけでも味わいたい。(あかね書房・1540円)

産経新聞
2021年12月26日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加