メディアをオワコンにするのは読者や視聴者ではない

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地方メディアの逆襲

『地方メディアの逆襲』

著者
松本 創 [著]
出版社
筑摩書房
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784480074454
発売日
2021/12/09
価格
946円(税込)

書籍情報:openBD

メディアをオワコンにするのは読者や視聴者ではない

[レビュアー] 碓井広義(メディア文化評論家)

 近年、新聞やテレビは「オールドメディア」などと呼ばれたりする。それどころか、「オワコン(終わったコンテンツ)」のレッテルを貼られることも多い。だが、本当にそうなのか。松本創『地方メディアの逆襲』は一つの答えである。

 本書には地方の新聞3紙とテレビ3局が登場する。ミサイルシステム「イージス・アショア」計画に迫る秋田魁新報。京都アニメーション放火殺人事件で「被害者報道」のあり方を再考した京都新聞。「福祉利権」や「裁判所神話」に挑む瀬戸内海放送。そして、テレビ自体をドキュメンタリーで問う東海テレビなどだ。

 こうした活動は地方メディアだから出来るのか。それとも地方メディアにしか出来ないのか。仮に全国紙や東京キー局の人間が本書を読んで、内心忸怩たるものがあるなら、そこに救いや希望があるはずだ。

 著者はマスメディア不信を招いた原因として、市民感覚からの乖離を挙げる。特に事象に対する「違和感」が重要だ。秋田魁新報も瀬戸内海放送も、取材者たちを突き動かしているのは「なぜなんだ」「これって、おかしくないか」という真っ当な疑問だった。

 業界や社内だけで通用する「常識」に流されない人材がいること。また彼らを支える組織であることが、信頼されるメディアの条件となる。新聞やテレビをオワコンにするのは読者や視聴者ではない。メディアが、自分たちに何が可能かを徹底的に考え、実践することを放棄した時なのだ。

新潮社 週刊新潮
2022年1月20日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加