『アーサー・マンデヴィルの不合理な冒険』宮田珠己著、画・網代幸介(大福書林)

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーサー・マンデヴィルの不合理な冒険

『アーサー・マンデヴィルの不合理な冒険』

著者
宮田珠己 [著]/網代幸介 [イラスト]
出版社
大福書林
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784908465161
発売日
2021/10/11
価格
2,750円(税込)

書籍情報:openBD

『アーサー・マンデヴィルの不合理な冒険』宮田珠己著、画・網代幸介(大福書林)

[レビュアー] 川添愛(言語学者・作家)

架空の東方 中世旅行譚

 美しい本だ。網代幸介氏による装画、金箔(きんぱく)をあしらった表紙、手に取ったときの質感、すべてが心地いい。本を開けば、西洋中世の写本風の口絵が目に入り、いやが上にも期待を高めてくれる。そしてそれを裏切らない、奇妙で愉快な冒険譚(たん)。まさに、大人のための豪華すぎる物語絵巻だ。

 主人公は、自宅の地味な庭をこよなく愛する超インドア派の青年アーサー。彼はある日教皇に呼び出され、亡き父が著したインチキ旅行記に登場する東方のキリスト教国、プレスター・ジョンの王国を探すよう命じられる。

 父の嘘(うそ)八百を信じ込んだ教皇に逆らえず、アーサーはありもしない王国へと嫌々向かう羽目になる。同行するのは、怪しげな知識を頭にいっぱい詰め込んだオタク気質の弟エドガーと、何かにつけ「神のご加護があるから大丈夫だ」の一点張りで通そうとする傲慢(ごうまん)な修道士ペトルス。3人は、蠅(はえ)よけにしか使えない「聖別された指輪」や、教皇の履き古しにしか見えない「キリストの靴下」など、頼りない品々を携えて前途多難な旅を始める。

 彼らが道中で目にするのは、マンドラゴラや巨大アリ、犬の頭をした人間やアマゾネスなど、奇怪な存在ばかり。つまり物語の舞台は、中世の西洋人が思い描いていた架空の東方世界なのだ。合理的精神の持ち主を自負するアーサーは気苦労が絶えないが、彼の軽妙な語り口が、中世の人々の世界観と私たち読者との間を巧みに繋(つな)いでくれる。

 主人公たちは自らの論理が通用しない世界におののきつつも、時には機転を利かせ、時には強引なこじつけを利用してどうにか折り合いをつけていく。その様子が何とも可笑(おか)しい。とくに終盤では、屁(へ)理屈と思い込みの波状攻撃に何度も爆笑してしまう。個性的な旅エッセイを手がけてきた著者ならではの、異文化間の出会いと旅の醍醐(だいご)味が詰まった1冊だ。

読売新聞
2022年1月14日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加