『イワナ棲む山里奥只見物語』足立倫行文、秋月岩魚写真

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イワナ棲む山里

『イワナ棲む山里』

著者
足立 倫行 [著]/秋月 岩魚 [著]
出版社
株式会社 世界文化社
ジャンル
芸術・生活/体育・スポーツ
ISBN
9784418212224
発売日
2021/12/17
価格
1,650円(税込)

書籍情報:openBD

『イワナ棲む山里奥只見物語』足立倫行文、秋月岩魚写真

[レビュアー] 産経新聞社

写真が美しい。自然と人を文で活写する。新潟と福島の県境に位置する奥只見の銀山平。深山と渓流と湖と人々の暮らしの四季を追ったルポルタージュだ。

この雪深い秘境の川には、各地で姿を消した50センチ超の大イワナが今もいる。作家で釣り人の開高健と、地元民が取り組んだ保全活動の成果である。

この地にも首都圏の論理による開発の動きがあった。そうした経緯が関係者の肉声で語られつつ物語は進む。読者もいつしかその会話の輪の中に加わっている。山好きのためのビジュアル文庫「モン・ブックス」シリーズの一冊。(世界文化社・1650円)

産経新聞
2022年1月16日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加