『101のデータで読む日本の未来』宮本弘曉著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

101のデータで読む日本の未来

『101のデータで読む日本の未来』

著者
宮本 弘曉 [著]
出版社
PHP研究所
ジャンル
社会科学/経済・財政・統計
ISBN
9784569851129
発売日
2022/01/18
価格
1,089円(税込)

書籍情報:openBD

『101のデータで読む日本の未来』宮本弘曉著

[レビュアー] 産経新聞社

国際社会において、日本の存在感が急激に低下している。経済が低迷し、国民1人当たりの所得は世界24位(2020年)に凋落(ちょうらく)した。一方、中国はあらゆる分野で存在感を増した。世界第2位の経済大国になったからだという。

経済力はそのまま国力、国際社会での発言力につながる。日本経済は衰退するほかないのか。IMF(国際通貨基金)エコノミストから大学教授に転じた著者が、現場で得た世界経済のメガトレンドとデータを基に未来を探る。

各種グラフが収録され、日本の立ち位置を視覚的につかめる。コロナ後の社会を見通す手掛かりに。(PHP新書・1089円)

産経新聞
2022年1月30日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加