【今週の労務書】会社ではネガティブな人を活かしなさい 友原章典著、集英社刊

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社ではネガティブな人を活かしなさい

『会社ではネガティブな人を活かしなさい』

著者
友原 章典 [著]
出版社
集英社
ジャンル
社会科学/経済・財政・統計
ISBN
9784087211962
発売日
2021/12/17
価格
924円(税込)

書籍情報:openBD

【今週の労務書】会社ではネガティブな人を活かしなさい 友原章典著、集英社刊

[レビュアー] 労働新聞社

社員の「幸せ」の効果探る

 従業員が幸せ(ポジティブ)になれば、会社の業績が上がる――ウェルビーイングなどと呼ばれる考え方に疑問を覚えた著者が、関連する海外での研究・実験を紹介しつつ、その効果を考察している。被験者の職業や人数、どんな作業で効果を測定したのかまで触れていくため、ビジネス書がもてはやす理論の背景を垣間みられる。

 今や避けては通れなくなったテレワークに関しても、一章を割いて取り上げた。人により向き不向きがあると指摘し、業績向上の効果の持続性には未だ不明な点が多いと語る。理想のリーダー像についても、率いる部署の業務が創造的か分析的かで異なる、とにべもない。

 各種理論の背景を紐解いていく内容は、アフターコロナの職場を考えるうえで示唆に富む。

(友原章典著、集英社刊、TEL:03-3230-6080、税込924円)

労働新聞
令和4年2月7日第3339号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

労働新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加