〈腐り芸人〉ハライチ岩井とインパルス板倉になくて、ノブコブ徳井にあったものとは?

対談・鼎談

24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

敗北からの芸人論

『敗北からの芸人論』

著者
徳井 健太 [著]
出版社
新潮社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784103544418
発売日
2022/02/28
価格
1,430円(税込)

書籍情報:openBD

死ぬ気で臨んだ「腐り芸人」企画

[文] 新潮社


左からオークラさん、徳井健太さん、佐久間宣行さん

徳井健太×佐久間宣行×オークラ・対談「死ぬ気で臨んだ「腐り芸人」企画」

「負けを味わった奴だけが売れる」をテーマに、どん底から這い上がった21組の芸人の生き様を、新刊『敗北からの芸人論』に熱く綴った徳井健太さん。そんな徳井さんの再ブレイクのきっかけともなった企画「腐り芸人」の誕生秘話を、お笑い番組『ゴッドタン』のプロデューサー・佐久間宣行さんと、同番組の放送作家・オークラさんが初めて明かした。

 ***

佐久間 僕は二人ともラジオのゲストに来てもらったことがあるけど、徳井くんとオークラさんはほとんど話したことがないんじゃない?


オークラさん

オークラ (千鳥の)ノブさんも一緒に、一度飲みに行ったことがあるよね?

徳井 え、僕ですか?

オークラ だいぶ前のことで、(とにかく明るい)安村くんも一緒だった。

徳井 ないと思いますけど……。(『ゴッドタン』の)「腐り芸人」企画よりも前ですか?

オークラ そうそう。一緒に撮った写真がまだスマホに残っているはずだけど、そう言われると自信がなくなってきた……。

徳井 その飲み会に僕はいなかったと思うのは、そこでオークラさんがノブさんに言った「『ゴッドタン』を普通の番組だと思わないでくれ」という強烈な一言を、のちにノブさんから聞いたからなんです。

佐久間 オークラさんがそういう話をするのは、すごく酔っ払っているとき(笑)。

オークラ 今をときめくノブさんに対して……お恥ずかしいです。

徳井 ノブさんが今ほどの超売れっ子になる前のことだったと思います。「『ゴッドタン』はスタッフみんなで絶対に面白くなる台本を作っているから、それを超えてもらうためにも、安心して砕け散る覚悟でやってくれ」って。そのために「1週間のうち3日間も、みっちり企画の打ち合わせをしてるんやて。3日間もやで?」と、ノブさんはかなり驚いていました。僕が「腐り芸人」のオファーを受けたのはその少し後なので、いつも「死ぬ気でやろう、砕け散ろう」と覚悟して収録に臨んでいて、今回の本で『ゴッドタン』と佐久間さんについて書いた章の冒頭にも同じ話を書かせてもらったんです。

佐久間 「腐り芸人」はもともとハライチの岩井(勇気)くんがテレビのバラエティに対して本音をぶちまけるのが面白くて始まった企画で、そこに同じように腐っていたインパルスの板倉(俊之)くんが加わって。で、もう一人誰か入れたいと考えたときに、「腐り方」の方向が同じじゃない人の方が面白いって、徳井くんの名前が挙がったんだよね。その時点での徳井くんは、腐っているというよりは、「諦めている」印象だった。

オークラ そうですね。一貫して、冷めていて人や物事を突き放しているイメージでした。

佐久間 最初から「腐りの先」にいたとも言えて、「自分はもう諦めた人間だから、俺のことはいいでしょう」という立場の人だったんだけど、企画を何度かやっていくうちに、徳井くんは変わっていって……。

オークラ 人に希望を与えるモードになっていきました。


徳井健太さん

佐久間 そうそう。今でも他の二人は腐ったままだから(笑)、いてくれて本当に良かった。

徳井 ありがとうございます。すごく嬉しいな……。

オークラ 諦めたところはありながらも、少しずつ“人間”になっていったというか。

徳井 はははは。

オークラ 悩める芸人の話を3人が聞いて救済する「腐り芸人セラピー」という企画では、セラピーと言いながら岩井くんと板倉くんが相談者を腐しまくっても、徳井くんは救う方向で展開し続けてくれて。芸歴22年の間にどん底も経験して、救世主みたいな思想になったのかなって僕は勝手に思っていますが(笑)。この本もそうだけど、誰かを全力で肯定することが徳井くんの人格の本質になっていったんじゃないかな。

徳井 企画が始まって5年にしては、人格変わりすぎですね~(笑)。

新潮社 波
2022年3月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加