大塚英志『大東亜共栄圏のクールジャパン』を早川タダノリさんが読む、「組織する者が組織される―― 大日本帝国の参加型プロパガンダ」

レビュー

38
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大東亜共栄圏のクールジャパン 「協働」する文化工作

『大東亜共栄圏のクールジャパン 「協働」する文化工作』

著者
大塚 英志 [著]
出版社
集英社
ジャンル
歴史・地理/日本歴史
ISBN
9784087212075
発売日
2022/03/17
価格
1,034円(税込)

書籍情報:openBD

大塚英志『大東亜共栄圏のクールジャパン』を早川タダノリさんが読む、「組織する者が組織される―― 大日本帝国の参加型プロパガンダ」

[レビュアー] 早川タダノリ(編集者)

組織する者が組織される――大日本帝国の参加型プロパガンダ

「クールジャパン」という言葉も、目にする機会がすっかり減ってしまった。アニメや映画を税金をじゃぶじゃぶ使って輸出すること――と理解している人も多い。しかし、日本政府が力を入れてきた「クールジャパン」戦略は、「世界の共感を獲得して、それをベースに我が国のソフトパワーを活用していく」(内閣府「クールジャパン戦略」二〇一九年九月)ことが目標だった。「ソフトパワー」とは、軍事力や経済力などの「ハードパワー」に対して、文化や政治的価値観で相手を魅了し交渉を有利にする安全保障上の要素を指す。
 本書が『大東亜共栄圏のクールジャパン』を主題としたのは、戦時下日本の「外地」に向けたプロパガンダを、ソフトパワー戦略として照射する有意義なアプローチだ。本書では「まんが」「アニメーション」「映画」「メディアミックス」などを媒介とした植民地・占領地域における文化工作の立体的な構造を描き、「描く読者」の誕生を軸として、二次創作などを通じて翼賛体制へ参加させる「参加型動員」のしくみを解明している。
 例えば「まんが」。著者は外地でのまんがによる工作について「(1)まんが家の文化工作者としての外地派遣 (2)巡回作品展による工作 (3)現地まんが家の育成」と特徴づける。朝鮮や台湾では、まんが家団体の結成や、アマチュアまんが家の育成さえ行われていた。さらに満蒙開拓青少年義勇軍では、田河水泡(たがわすいほう)や阪本牙城(さかもとがじよう)らまんが家が満洲(中国東北部)各地の義勇軍訓練所を慰問し、まんがの描き方教室を開催していた。開拓民としての生活を表現させてホームシックに陥りがちな少年たちの情操安定を図り、現地住民を宣撫(せんぶ)する技術の養成も目論まれた。満洲支配の尖兵として、まずは「日本人」自身をまんがによって組織化しようとしたのだ。
「日本の素晴らしさ」を発信する「クールジャパン」もまた、日本人自身に「日本の誇り」を与えるものとしても位置づけられていた。大衆文化による「動員」は、いまだ過去のことではないのである。

早川タダノリ
はやかわ・ただのり●編集者

青春と読書
2022年4月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

集英社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加