【児童書】『ぼくんちのねこのはなし』いとうみく作、祖敷大輔絵

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼくんちのねこのはなし

『ぼくんちのねこのはなし』

著者
いとうみく [著]/祖敷大輔 [イラスト]
出版社
くもん出版
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784774332871
発売日
2021/12/10
価格
1,430円(税込)

書籍情報:openBD

【児童書】『ぼくんちのねこのはなし』いとうみく作、祖敷大輔絵

[レビュアー] 産経新聞社

猫の「ことら」は16歳。人間でいえば80歳前後の老猫だ。小学4年生の「ぼく」が生まれる前から家にいたいたずら好きの猫だったが、近ごろ急に元気がなくなった。動物病院に連れていくものの、完治不能の腎不全と診断されて、対症療法しか打つ手がない。次第に弱っていくことらの世話に家族でかかりきりになる中で、やがて来る「その時」を意識せざるを得なくなり―。

ペットを飼う以上、必ず考えなければならない別れの問題を、細部まで具体的に描く。現代日本のリアルに即した児童文学。(くもん出版・1430円)

産経新聞
2022年3月20日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加