【気になる!】文庫 『英国屋敷の二通の遺書』R・V・ラーム著、法村里絵訳

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英国屋敷の二通の遺書

『英国屋敷の二通の遺書』

著者
R・V・ラーム [著]/法村 里絵 [訳]
出版社
東京創元社
ジャンル
文学/外国文学小説
ISBN
9784488220044
発売日
2022/03/19
価格
1,298円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】文庫 『英国屋敷の二通の遺書』R・V・ラーム著、法村里絵訳

[レビュアー] 産経新聞社

インド発の現代ミステリーだが、英国のクラシックな探偵小説の趣がある。

舞台は紅茶の山地としても名高い高原避暑地・ニルギリ丘陵の、濃霧が立ち込める谷。植民地時代に英国人によって建てられた屋敷では、代々の主が非業の死を遂げている。

命を狙われた当代の主は2通の遺書を作成し、探偵役の元警官を招く。地崩れで道路をふさがれた屋敷が孤立する中、滞在客がパーティー後に殺され…。

怪奇を扱うゴシック・ロマンスの要素も盛り込まれた犯人当て小説。英国ミステリーのファンに。(創元推理文庫・1298円)

産経新聞
2022年3月20日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加